ページの先頭

PチェックLHという排卵検査薬買いました|使い方、フライング

排卵検査薬のPチェックLHはどうやって使ったらいいのか等調べた事を記してみました
SITE TOP >
  • 排卵検査薬のPチェックの使い方って?

  • 排卵検査薬のPチェックの使い方は簡単で、採尿部に自分の尿をかけ、10分程度待つだけです。

    これだけで、自分の排卵の時期を知る事ができますので、Pチェックは手軽な排卵検査薬と言えるでしょう。

    具体的なやり方としては、生理周期が規則的な方でしたら、生理開始日から11日を経過した日からPチェックで検査を開始するようにします。

    すると、数日以内に陽性反応が出やすくなります。

    もし、生理周期が不規則な方でしたら、念の為に生理開始日から10日経過した日からPチェックで検査を開始すると安心ですね。

    ただ、Pチェックは7本セットの7日分となっています。

    その為、もしかしたら陽性反応が出ないうちに1セット使いきってしまう可能性もありますので、心配な方は余分に購入しておいた方がいいかもしれません。

    また、Pチェックの陽性反応の判断ですが、3本の線によってチェックできる排卵検査薬となっていますので、3本目に薄っすらとでもラインが出た場合に、36時間以内に排卵が起こると判断します。

    3本目のラインが濃くならなくても排卵している可能性は十分にありますので、注意深く観察するようにしてくださいね。

  • 排卵検査薬のPチェックは基礎体温と併用した方がいいの?

  • 排卵検査薬のPチェックは基礎体温と併用した方がいいのかと言うと、併用した方がより確実に自分の排卵日を特定できるようになります。

    もちろん、Pチェックだけでも排卵日を知る事は十分に可能です。

    ただ、基礎体温を測る目的は、排卵日のチェックだけではありません。

    毎日体温を測る事で、自分の健康状態を把握する事もできますし、何より自分が排卵する際の体温上昇のタイプを知る事ができます。

    基礎体温の高温期と低温期のパターンは、全ての方が同じとは限りません。

    一般的には、前日より急に体温が上昇したら排卵して高温期に入ったと言われています。

    けれど、中には体温が上昇してから排卵する方や、排卵して2、3日後から高温期に入る方もいらっしゃいます。

    つまり、基礎体温だけでは、ハッキリとした排卵日を特定する事が困難だと言えるのです。

    Pチェックは、尿に含まれているLH(黄体形成ホルモン)の値によって排卵しているのかどうかを判断しています。

    確実に、排卵しているかどうかを知る事ができるという訳です。

  • 排卵検査薬のPチェックはどこで購入するの?

  • 排卵検査薬のPチェックはどこで購入できるのか気になるところですが、現在は処方箋を取り扱っている調剤薬局やドラッグストアーでのみ販売されています。

    以前のPチェックは、全国のドラッグストアーでも販売されていて、簡単に購入する事ができていました。

    けれど、2009年に薬事法が改正になってからは排卵日検査薬が「薬局医薬品」といった位置付けに変化し、薬局のみで販売されるようになったのです。

    ただ、処方箋を取り扱っている調剤薬局やドラッグストアーでPチェックを購入する際にも、「処方箋」は必要ありませんので間違えないようにしましょう。

    また、通販でも輸入代行のシステムを利用して購入する事ができます。

    通販では、購入できるサイトが決まっていますので、きちんとチェックしてから購入するようにしてください。

    排卵検査薬 Pチェック 排卵検査薬 Pチェック 排卵検査薬 Pチェック

Copyright (c) 2014 PチェックLHという排卵検査薬買いました|使い方、フライング All rights reserved.